スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
クラスターエッジ 第25話
ひっさびさに声出して泣いてしまったー


前回自分で書いといて
まさか本当になるなんて思わなかったんだもん。
死んでほしくなんてなかったよー・・・
いちごー・・・(号泣)
彼はちゃんと人間になれたと思うんです。
途中から、特にそう思った。フォンと接触した時点・・・
じゃなくて、
おのおじさんと出会って暫くしてからかな。
あの子を護ることで、それが核心になって。

あとあの時クロムはきっとわかったんでしょうね。
自然に涙が出てきた。
あれは彼らが家族で、繋がっていたからこその絆だと信じたいです。

いちごかっこよかったよ。
だいすきだよ。
それとたっつん、ありがとう。
もっとたっつんのこと好きになった。

ベスビアの憎しみのせいでアゲートは次回予告みたいにまた破壊の神として目覚めるんなら、きっと元に戻すのはベリルやフォンやクロムだと思う。ともだちだから。
神になれなかった神様だってベスビアは言うけど、カールスの記憶を貰った時点でアゲートは人間だったんだから、友達だよ。

一緒に過ごして、怒って、喧嘩して、笑った時間は変わらない。


つーかもう・・・
ロード、は、ね。
神谷さんの声だって事以外何もいいところが無いです(すっぱり)
私、彼嫌いだわー(笑)
こんなにずっぱり「あ、嫌だ」って思うのも珍しい位(笑)
わかんないかなぁ。
ベリルを利用するなんて、どんだけ残酷なことしてるかって。

銃を手に取るベリルって、言ってた。
・・・殺して、ほしくは無いんだけど
ベリルが銃を向ける相手が最終的になんであるのかは、
何となく分かる気がします。
彼は今は意志の弱い子に見えるけど、きっと大丈夫。
アゲートと出逢ってベリルだって変わったんだから。

フォンも強くなった。
今までの彼なら飛行機のエンジンが大丈夫だろうと
その先は進めなかったと思う。
だけど
ベリル・クロム・アゲートがいるから
護らなきゃ、助けなきゃって。
いなくなったことで何処かで友達が傷付いてることくらいもう分かってるんですよね。
だから次回のあのシーンがあって。

フォンについては軍学校のやつらが飛行機レースのときに絡んできたのにちゃんと「君達には貸さない」だかって言ったとき。
「フォン、お前の勝ちだ」ってクロムが言ったときに、もうその違いはは目に見えて分かってましたが、本当に強くなったんだね。
優しいだけ男の子じゃなくて、強くなった。

クロムは、もう人間だと思う。
人造兵なんかじゃない。
誰かのために泣けて、友達を護ることができる この上なく優しい、正しい、素敵な人間だと思います。
不器用でも、一生懸命彼なりに生きていってほしいな。
でも気になるのは、最初はカールスを探して、
今はアゲートを、ベリルを、フォンを。
その先彼が何を目的として生きていくのかは気になるところです。
たくさん傷ついて、彼自身泣いて、カールスのことを自分のせいだと責任を感じたりして色んな想いを抱えても、クロムはただ一人の優しい普通の男の子なんだなぁって思ってます。
もう傷つけることじゃなくて、護ることに力を使うこともできる。

クロムがその手で大切な人を護れますように。
これ以上失う悲しみを背負いませんように。

ベリル。
ベリルは今のところいちばん心配な立ち位置なんですが(苦悩)
元々彼は頭がいいからわかってるはずなんですよね。
それが今は何を目的としているのか分からない部分があるけど
絶対。信じてます。
色んなことに不満や不安を抱えて、いろんな人の生き方を目の当たりにして、アゲートに出逢って。
第1話、ベリルはアゲートに出逢えたことがいろんな意味で起点だったと思うんです。
きっと当初の彼なら、クロムを学園に入れるなんてことしなかったろうし、カールスの夢を見て泣きじゃくるクロムの肩を抱いてやろうなんて思わなかったかもしれない。
アゲートも、クロムも大切な友達だよと泣いてしまうフォンを慰める事だって。

優しい、大切な友達なはずなんです。
だから、彼が銃を向けるのは彼自身でも、無関係な人間でも、大切な人でもなければいい。
全部、背負おうとしないで。
ひとりじゃないんだよって、もっと気付いてほしい。

アゲート。
苦しい立場だと思う。
学園には帰れないと思ってるし、クロムに差し出された想いも受け取ることができなかった。
しまいにはべスビアから憎しみと憎悪、嫉妬っていう感情を教えられようとしてる。

アゲートにはいらない。そんなものいらない。

そんなもの彼は誰かから植え付けられて知るようなものじゃないし、きっとこのまま生きていけばいつか知ってしまう感情で、それを彼なりに
受け止めることができるのに。
確かに今は、川に流されるときみたいにその感情をコントロールできないかもしれない。
だけどいつかそれを自分のものにして強くなれる。
強大な力が眠っているだけの他の子と何も変わらない
優しくて、明るくて、暖かくて、元気な、いい子だもん。
だからもうアゲートが傷つきませんように。
たとえ神様だとしたって、破壊の神だとしたって
人間として生きたことは確かで
傷つく必要も、傷つける必要も無いんだから。

たとえ、最後光のように散りゆく未来が待ってたとしても

私はアゲートがアゲートとして行き続けることを祈ってます。
また、みんなで笑いあえることを祈ってます。



・・・私これ1年アニメで十分良かったと思うんですが。
ぜひ続編を見たいです。キャストとかそういうのも別にして、
こんなに続編を望んだのって初めてです。
でも、今は。



次回、最終回。
スポンサーサイト


クラスターエッジ | 09:52:04 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-03-22 水 12:40:06 | | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-03-23 木 10:52:05 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。