スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
「BLOOD+」への思い入れ。
次いで、ってか最後に「BLOOD+」です。

この作品、実はうちの弟の学校で物凄く人気があるらしいのですが
弟曰くその原因は不明、だそうです(笑)

最初グロいのかなぁと思ったのですが、やっぱり土6。
ただ単にグロいだけじゃなかった(失礼ですよ)
私的にこの作品は「大きな家族愛」だと勝手ながら思っています。

BLOOD+についてはまだ作品が現在進行形なので、何ともいえないところですが。
・・・とにかく、深い。
話がファンタジックかなぁと思うと、
人間の深いところが凄くにじんできてて見ていて、ハッとすることが凄く多いんです。
昨日か一昨日かにカイについて話しましたが
カイも勿論、宮城家(もちろん小夜含)の子ってあったかいんですよね

どんなに残酷だって、ここですっぱり全部捨てちゃおうって思ったら
どんなに楽か知れないような重みにも今、たえてる。

見ていて辛いのに、どうしてか暖かくなる関係だと思いませんか?
家族って、何があっても家族なんですよね。
それこそ血が繋がってなかろうとも、大切だって思う。
全員の繋ぎ役だったお父さんが亡くなっても、
途切れることなんてなくてその絆はもっと強くなって、繋がってる。


小夜がいなくなっても、カイがいなくなっても、リクがいなくなっても
ダメなんだと思います。
この3人がいるところが、それぞれの帰る場所だと思う。
だからこそ、小夜が行くところにちゃんと着いていく。
離れられない。
この家族こそ、理想的な家族の在り方だと思っています。
誰かが傷ついたら、帰る場所になってあげるから泣いていいんだよって。

沖縄でカイが小夜にいってあげた「魔法の言葉」。
確か「なんくるなーさー」(・・だよね?(汗)
繋がっている限り、この魔法の言葉は有効だと思います。
みんながいれば、何とかなる。

何でも言いましょう。
今アニメはグロいとか、へんなアニメが増えるから殺人者が増えるんだとか。

それは取り違えているだけです!

作品の大切な、優しい、暖かい部分のメッセージだってある。
私はそれを大事にしたいです。
特にこの作品も、重い中にもしっかりとした暖かさがある
だから人気なんだと思いますが、私、間違っていますか?(え)

…やべっ、脱線しちゃった!(笑)
とにかく
「BLOOD+」からも、見えない大きな優しさを貰っている気がします。
それをうまく表現できないのですが;

今は家族を殺すとか、そんな事件ばっかりある中でこの作品は
大切な家族を護るためのそれぞれのお話だと思う。
家族には見えない愛情がいっぱいあります。
照れくさくて言えないようなこと、上手に伝えられないこと。
見えないだけで、みんなそれぞれのことを想ってる。
切手も切れない絆って、こういうことを言うんじゃないかな、
何て親不孝な私が言っても説得力ないですが(苦笑)


本当にもうダメだ、って程苦しいときに、大丈夫だよって手を伸ばしてくれるのは、
やっぱり家族なんですよね。



・・・・土6の作品は見ているだけで心が満たされる気がします。
重いテーマばかりですが、それでも低年齢層の子が見るのは
子どもだってわかるからだと想うんです。
傷つけたら痛いな、笑っていられるのって素敵だなって。
だって、私が良い例ですもん。
バカな私だって、大切なことがわかるような気がしてる。
今、
それが正しいのかどうかがわからなくて、もがいている最中ですが。

土6作品を見続けて4年。
本当に大切なことを今、学んでいる気がします。
多分この先土6に放映される作品を、忘れることはないと思う。
たくさん笑って、泣きました。
アニメというか、エンターテイメントの醍醐味が詰まってる。

胸を焦がして、切なくして、痛めても、暖かくしてくれる。

「機動戦士ガンダムSEED」「鋼の錬金術師」「ガンダムSEED Destiny」
「BLOOD+」。
(本当にここにクラスターも入ってて欲しかったな(笑))
本当にどれも素敵な作品で、今も、いつも、これからも私の中で
生きつづける革命のような作品だと胸を張っていえます。



・・・生意気言ってすみません;
どうかこういう意見もあるんだって思って頂けたら幸いです。
気分を害したらすみません;
スポンサーサイト


。おすすめ。 | 13:38:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。