スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
プリンセス・プリンセス 第12話 「姫の選ぶ道」
11回目のときの次回予告でどうして3人同時に言うんだろう?
って思っていやな予感はしてたんだけど、やっぱり最終回でした。
み、短すぎる・・・!!!(号泣)
時間が経つのってこんなに早いんだね・・・。

そんなこんなで感想ですが

ボ ロ 泣 き し て し ま っ た ・ ・ ・ !!

いやー、クラスターといい、プリプリといい。
こんなに真剣に泣いてるバカって世に私ひとりだと思いますよ、ほんと(苦笑)

普通「やだー、超萌えたんだけど!!」とか
そういう展開でうるうるするならまだしも、私の場合もっと違うところで、いたって真剣に泣いてますからね。
・・・私おかしい!?(今更だろー)

最後の「君と出逢ってから」の使い方はヤバかった。
あのシーンでうわっときましたよ。そして亨嬢の

「わがまま言ってもいいかな・・・
 オレ、もっとみんなと一緒にいたい!」



・・・凄く、私の中にズドンときました。
っていうか、もっと本音で家族や友達とも付き合うべきなんだよなぁ。
変なとこ図々しいのに、ちっとも本音なんて言えてない、私。
亨嬢はようやく
「ここにいたい」って思える居場所を見つけられたんだね。それが嬉しかった。

上辺だけじゃなくて、本気で笑って泣けて怒って言い合えて。

彼は凄く私に似ていた気がします。だから親近感沸いたのかなぁ。
私はあんなにいい子でも優しい子でも美人でもないけど、
変わりたい・・・って変わらなくちゃっていつも思ってるところが。

最終的に、
その優しさを見てくれている人が亨嬢の場合はちゃんと居て。
そこが彼がいたいと望む場所になって、彼を大切に思う人たちも彼を望む場所になった。


望むばかりじゃ手に入らないもの。
だけど自然に、居たいと思える場所が居るべき場所になる。

それって凄くステキなことですよね。
当たり前のようで当たり前じゃない。
裏切りとか、そんなもの存在しない理解しあえる人たち。

私が高校生のときは、それからいくらか逃げてて
どうにか上辺だけ良くしようっと思って空まわって、ひとりだった気がする。
大切だ、って。ここにいたい、って場所は確かにあったのに
私は私のせいでそれを手放してた。

もっと素直に私が居ていい場所。
意図的につくろうとしてもできるわけないのに。


でも、それは今まで出逢ってきた友達かもしれないし
これから出逢う友達かもしれない。
絶対自然に居られる場所が出来ると思ってます。

と、まぁ私話はいいとして(笑)


亨嬢の居るべき場所は
ゆうちゃんと、みこちゃんと、坂本様と、学校のみんながいる場所。
そしてこれからは「家族」って呼ぶべき人たちが待つ家。

向き合って、傷ついて、たくさん口論をしたって、本当に大切と思うから、必要なこと。
泣いても、怒ってもまた笑える場所があるからもう大丈夫。

上辺だけじゃなくて、心から彼が笑えてよかった。

もう 嘘をついたり、
傷つけたり傷ついたりすることに怯えなくていいんだよ。



最終回って聴いて本当にショックだったけど
みんな幸せで居られる道が開けたこと、嬉しかったです。
最後にみんなが一緒に笑っていられて、良かった!



---------------

なんか内容って言うか今までのことを総括してるというか。
なんにしろ、結構真剣にいろんなことと向き合った作品だと思ったので、私も真剣に向き合って見ました。


プリンセス・プリンセスに関わった総ての人に、感謝をこめて!


ありがとうございました!!・・・お疲れ様。

そしてぜひまたセカンドとかを(切実)



そしてそして、午前3時10分という時間にもかかわらず、
忘れずにビデオ録画をやった自分頑張った!!!

来週からはドラマですね。
・・・楽しみにしてます・・・

・・・・・けど、アニメがちょっとやっぱり大きすぎて(苦笑)
頑張って受け止めるようにします。
スポンサーサイト


プリンセス・プリンセス | 16:15:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。