スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
どんな運命が待っているんだろう、悔やみたくないよ 生まれたこと
クラスターエッジ検索するといろいろブログでのご意見を拝見します。人間十人十色。意見それぞれ。口を挟む気はありません。

でした(ん?)

ひとつ、どうしても言っておきたいことがある。
この作品が腐女子向けだとか、男ばっかで正直どうかと・・
とか、イラストが見飽きた感じだとか

なら女しか出てこない作品についてもなんか言えよ。

別にいいじゃん。たとえばそういう作品であったとしても
だからなんなんですか。
むしろこの秋、女の子のほうが楽しめそうな作品は
これくらいしかない気がします。
大抵男性向け(や、おいらも男性向けむ好きですけど)っていうか。
この作品がどういう意向で製作されたか、関係者じゃないので知る由も無いんですけど、でもちょっと腐女子むけだから見る気うせるとかおっしゃるのなら、テレビを消せばいい。

・・・はい。
クラスターで検索したとき、ちょっといい印象を持たれてない方のブログのほうが上にあったりするのでショックだったんです。
ヤホー(違)とかで探したら、最初から全部見たくなるんですよ。まだクラスターサイトさま少ないから。

どんな作品であれ、確かにそういう意向で考えたりするよ。
じゃあ♀♀で考えてる人向けの作品は良くて、そういうのは悪いんですか?意味がわからん。別に♀♀が悪いなんて想いませんよ。むしろマリみてとかそういう傾向が無きにしも非ず的作品も好きですからね。(おいらは男が好きです←わぉ)

クラスターはいい作品なんです!!!
既にいろんなところで考えさせられる作品なんです!!
そういう腐女子向けなところを無しにしたって充分見る価値があるんです!!!
もし不満なら見なけりゃよいよ!!
これから期待すればよいよ!!


・・・・・・・ごめんなさい、とりみだしました。元気です。
おいら超元気です。ちょっと意見してみたかっただけなのですよ。
許したっておくんなましー!!!!(ぺこり)
最近偶然行き着くサイトさんとかが、必ず不評意見を述べていらっしゃるので、考えたことをおいらもブログで述べてみました。

不評といえば運命ですけど。
こっから先は個人意見です。隠そうと想いましたが別に嫌な意見を書いてるつもりは無いので続きを見たいはクリックどうぞ。




運命の不評さにはもう手がつけられないので講義する気はございませんが、おいらは全く不評なんてございません。
不評って言うか、まだ続くならいつか総てがカタがつくと想うし、
運命は運命として残してくれたものは大きかったと想うし。シンの行動にはシンなりの考え方があったんだから、それをどうこういうつもりもないです。間違ったこと、ってわからないですよ、おいらには。

自分自身過去に囚われるタイプなんで、凄く自分とシンがリンクしている部分が多くて。確かに彼は客観的に見たら間違えた行動や、幼すぎる言動があったかもしれない。でもまだ設定的に16歳ですよね。当たり前だと想うんですよ。一番不安定な時期に、一番不安定な世界に生きてるんだから。だけど自分から動こうとする意志と力を併せ持ってた。
アスランは、シンを間違っている、正そうとしてた。同じ道を歩ませないように、戦争の悲劇をこれ以上繰り返さないように。でもアスランやキラのとる行動が総てだったかと想うとそうとも一概に言い切れない。勿論、シンの行動が総て世の中を動かしたかといえば、そうとも言い切れない。
だから、誰が悪いとか。誰が正しいとか。
そんなの誰にも決められないんですよね、多分。凄く、すごくもどかしいけど。議長が悪いかって言ったら、議長も安定した世界を願っていたはずだと想うんですよ。私は。

マリューさん仰ってましたよね。
「みんな、ただ平和を願っているだけなのに」的なこと。

凄く凄く難しくて、重くて、だけどいつか考えなくてはいけないテーマですよね。今実際私がこうやってパソコンをしている時に、戦争してるなんて信じられないですけど、事実で。

・・・話は少し動きますが、キャラホビでも、声メディアでも鈴村さんは、シンはシンなりに正しいと想った行動を取ってほしいと仰ってましたよね。本当にそのとおりで、胸が痛くなります。
私たちは客観的に見ている視聴者だから、物語がどうだとか、考え方がどうだとか、簡単に言えるけど、じゃあ実際自分自身シンの立場だったら、どう動いたかって言ったら、やっぱり自分しか信じる人がいないわけですよ。だからこそ、甘い言葉や正しそうな言葉を信じたくなる。救いが欲しい。

でもシンは、結局アスランの言葉を借りはしたけど、最終的に自分で、信じた道を突き進んだわけですよね。
キラも、アスランも。
アスラン的には途中、キラのやっていることは間違っているように見えて。でもキラは正しいと想うから信じて進んだ。
たとえその結果が、本当に戦場を混乱させるためだけの力だったとしても。
ううーん・・・ちょっと最近考えさせられることが多すぎてどうしていいのやら。でもこの作品については、やっぱりこう・・・具体的にどう、って言うか・・でもやっぱり残りますよね。ドシンと。

保志さんがSEEDが終わるときに仰ってた
「この作品を見て、自分と置き換えて、身近なことについて考えてみてください」

で、私はいじめを考えましたが。
本当に、もういろんな想いがいっぱいあって、苦しいけど
でも、間違いとか、そんな次元を超えて考えさせられるってことを
うまくいえないけど、受け取った気がします。

また頑張って日本語を勉強してから書き直したいなぁ・・(ジャパニーズなのに!!)

ひとつだけ、シンが、キラが、アスランがとった道は、
それぞれ自分が信じた道だから、私は不快だとか、あいつ嫌いだなんて少なくとも想いません。想っちゃいけない気がする。

・・・どうぞ、これも私の些細な戯言だと想ってください。
皆さんは皆さんの考えを他人を侮辱したり傷つけたりしない程度に(汗)
通してくださいね。
スポンサーサイト
日記 | 15:52:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。