スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
クラスターエッジ 第6話「教授とフォン」
とりあえず、ね。とりあえずだよ。


神谷サァァァァァァァァン!!!!!!!!!!!!


おいら先々月神谷さん見たし公録行ったし!!(@乙研)

しかもなんだよ

あの眉毛!!!(笑)

なんか眉毛キャラを自分の目で発見したの初めてなんですけどー!!(?)
いやね、ワンピのサンジさんの眉毛も、漫画読み終わってから友人にまゆげ凄かったねとか言われて「あぁ!!」ってなったんですよ。なんか些細なことに気づきにくいのか。まぁいいやー。

では中身を。

まず最初にロードが多分人造兵の売買をするも、売り手のことを爆死させてしまったりと、遺憾なくその恐ろしさを披露。
最初売り手のおっさいを守るため、ガラスケースの中から人造兵がおっさんを守ろうとしますが忠誠心をロードに嘲笑われただけ。

っていうかロードって悪役多いなー(@Dグレ)

そしてシーンは移りクラスターE.A.。
モノローグから話は流れていきます。

フォン「アゲートが居なくなってから3日経った

・・・え、3日じゃなくて3周の間違いじゃな(殴

アゲートが居ないのに、平然と時が過ぎ、まるで何も無かったかのように過ぎてゆくクラスターE.A.。
それに納得はいかないけれど、どうにか今アゲートのためにしてあげられること、自分のできることをしようと考え、アゲートの飛行機作りのために必要な部品を集めに行くことに。

ここでひとつ。

フォンくん

貴族ならどうにか権力駆使してどうにかアゲート探しにいけないんですか・・・・!!!!(言ったらあかん)

まぁ・・い い・・・
んで、少しでも飛行機のこと知らなきゃということであの飛行機学を教えていたおじいちゃん先生・ベシュロー教授の所へ行き、本を探すフォン。
するといきなり軍関係者がズカズカと教授の部屋へ。
急いでカーテンの後ろに隠れるフォン。
状況を全く理解できずに居ると本をいくつかダンボールに詰め込み、去っていく軍人。

ぼろぼろな部屋の片隅に落ちた飛行機の模型を後に、胸を痛めながら部屋を出て行くフォン。

そしてまた舞台は変わりどっかの街。
お昼間にいきなり軍が街を占領し、何かと思えば戦闘区域になるらしい。
慌てふためく街の住民に避難勧告を出していると、人造兵がふたり。
それは冒頭でロードが買い込んだ(こういう表現は使いたくないけど)人造兵。
血を流しながら、表情も変えずただ戦う人造兵。
明らかな人数の差で当然押される人造兵。

すると突然ロードのシャワータイムショットに。いや、おいらは言いたい。

最初にお風呂シーンやるのがアンタなんですか!!! 


ベリルだろーふつうー・・・あるいはクロムとかさー・・あれはセクシー担当の子がやるモンだよー(さいていよ)
まぁいいや、今後も期待してるから(わー)

まぁそのシャワーシーン中、ロード率いる人造兵がおされ気味だと聞き「こそこそするのは嫌いなんだけどなぁ」とまた笑うロード。
そういう問題じゃなくて、まず完璧に彼は人造兵を「人形」程度にしか認識していないことが悲しかった。

そしてまた場面は先頭に戻り。
軍が裏から逃げようとする車に気がつき追います。
しかしその車中にさっき優雅にシャワータイムだったロードが!!

あ、あれ?時間の経過がわからなーい!!にゃにゃにゃにゃい!!(混乱)

で、車の中でまたしても
「何とかしろよ人造兵・・命を捨ててまでも、主人を守るんだろ?」

確かに戦闘のためにつくられた人造兵かもしれないけど。
血を流して目の前で戦ってるのに「もっとやれ」ってことですか。
あの人造兵がね、クロムだったらとか鈴木団とかセピアだったらって考えるとおいらは居た堪れないわけですよ。勿論ロードに利用されてる人造兵もだけど。

・・・・苦しいなぁ、って想った。

結局その人造兵はロードを乗せた車の盾になる状態で死んでしまうし。

またしても舞台は移り、フォン。
飛行機の部品なら近しいものがあると感じたのか、車屋さんに尋ねに。
すると今飛行機づくりなんて、危ないと告げる店長らしき人。
聞けば、この辺でグリアン共和国(公式ではこうだった)出身者が軍に追われているらしい。
フォンはフォスゲン出身なので関係ないのにね。

とはいいつつ、飛行機の部品なら博物館に行けばあるかもしれないと教えてくれたお兄さん。

そしてその夜、なんと
大胆にもその博物館にクラスターの制服のまま忍び込もうとするフォン。
石持って窓割るって・・そんな度胸がいつのまに!! (えー)

が、その瞬間フォンを照らす光が。
マズい、と振り返ろうとするとそこにいたのはあのおじいちゃん先生・ベシュロー教授!!拳銃をフォンに向けています。ヤメテ!! 

そしてCM(笑)

明けて、ここで何をしていると問い詰める教授。
フォンも教授こそ何をしているんですかと問います。
でも教授は銃を向け、いいから私の質問に答えろと告げる教授。

何回続くんだろうと考えたのはおいらだけですか

すると突然場面は変わりそこには麗しのベリルさまー!!!!・・・なんかこういうと15歳組が分け隔てなく好きとか言っといて、ベリル好きみたいだけど、いや、好きですけど(なんなんだよ)

夜の更けに暗い部屋で静かに本を読むベリル。
そこにきたのは


ジョ ル ジュ! !! (わぉ)

何かジョルジュって言葉聞くだけで笑えてきます。ごめんよジョルジュ・・(笑←笑ってるし

ジョルジュ曰く、さっきの追われている人の話。
目的は?と聞くベリル。
その人の目的は国の再興ではないか。
軍も(ジャスパー家も)国の再興を手伝う中で、何らかの思惑を持ち、動いているのが追われているやつらしいということを告げる

ジ ョ ルジ ュ!! ! (わかった)

とりあえずレグラントとグリアンの争いなんだろうなぁ。
ちょっとカタカナムズカシイヨ(・・・)

また場面はうつり、フォンと教授。
もしや軍に追われている兵士は教授なのですかと問うフォン。
すると教授は関係ないといいます。
でもなら何故教授の本や資料は押収されたのかと問うフォン。
実は何日か前から、航空関連学を教えるな、と軍に言われていたらしい。教授が教えていたのは、いかにすれば飛べるか、など軍の思惑とは全く関係が無いのに、飛行機関連となると忌み嫌う軍人達。

そして教授が博物館に居た訳。
それはその地下で、新しい飛行機の研究をするためだった。

所変わってベリル。
お家から、学園に悠々と遅刻して入ると(笑)
先生や生徒からおかしな視線で見られることに。
誰も彼も、ベリルが休学をするという連絡を受けていたと聞いていたらしい。でもベリルは全くそんなことはしていないのに。
何だろう、と考え、中庭(多分)に出ると
そこに現れたのはロード。

ボクのユーモアは如何だったかな?と問うも、
全くロードを知らないベリルは「失礼ですが?」と返答。最高・・!!(グッジョブ)

そこでわかったのは、
ロードはクラスターE.A.卒業で、元貴族だということ。
今、軍に追われている張本人だということ。
そして

ベリルを自分の仲間にしようとしていること。

勿論ベリルは断ります。
ラブコールをラブコールをいくらされようとも彼は確固たる恋人がいますので動きゃしません!!それでよいよ、ベリル!!! (拍手喝采←待)

つれないベリルに背を向け、いつでもおいで、待っているからと告げるロード。すると学園外付近で爆発音が。
ハッとしてベリルが振り向くともう消えてしまったロード。
そして爆発音のしたほうへ歩き出すベリル。

すると、なんと軍人がベリルを取り囲み始めます。

また場面は変わり教授とフォン。
車を走らせ、軍へ向かう教授とその横にフォン。
教授は、自分は悪いことはしてない。それを証明するために軍へ行くんだ。逃げるなんておかしいから、とフォンに告げ軍地へ入っていきます。

そして博物館に戻ったフォンは教授から学んだ多くのことを頭で繰り返します。

戦争から学んだ発明もあること。
敵を勝るために更なる技術を身につけようとすること。
それにより、いろんな所で物流が盛んになったり。
でも、新しい発明をすれば、総て戦争の道具になってしまうこと。

生活を潤すために作られていた技術が、生活を破壊していること。
難しいことだけど、子どもだからって嘘をつかずに教授はフォンに総てを教えた。絶対にフォンはここから成長すると想います。


フォンは、強いから。


==============================

と、いうところで終了。ポイントー♪
■飛行機に乗り、後ろのハネをぱたぱたさせるフォンかわゆい。
ジ ョルジ ュ
■ベリルはアゲートと目があうと胸元を気にするのにジョルジュだと気にも留めない。
ジョ ルジ ュ
■何か漫画とアニメと出身国がこんがらがってきた
ジョ ル ジ ュ
■あの、第一の主人公は・・・?
ジ ョ ル ジ ュ 
・・こんな感じかなー(ちょっと待て
いや、だからジョ ルジ ュジ ョ ルジュだよ。

そして次回!!!! 次回!!!
ほんとに全員話してくれマジで!!!
でも次回予告にアゲートベリルフォン(@クラ学的訳し方)とクロムとへ(違う)エマ先生とべスビアが出てくるの初めてだったーvVv

でも、多分絶対次はまた窓を見るだけのベリルと、アゲートを想うフォンの映像だけで終わりそう・・・(二度目じゃん)
あ、でもあの軍人に囲まれてたのから部屋に戻った映像になってたから・・動きあるかな?
とりあえずエマ先生とべスビアと多分アゲートは喋る!!
っていうか全員喋ってもらわないと困る!!
っていうか、いい加減アゲートとベリルがマンツーで喋ってくれないと困る 
って言うか泣く・・・(えへー!?)


・・・今回も果てしなく長かったな・・・
おつきあいくださってるかたがいらっしゃったらありがたいですvVv
それと、コメント返しをどうやっていいのかこのブログわかりません・・!!ごめんなさい、コメントとかメッセージは読ませていただいてます!!これからも見てやってください(ぺこり)


それでは次回 クラスターエッジ 第7話「過去への旅」!!

・・・カールスってほんとに死んじゃったの・・?
スポンサーサイト


クラスターエッジ | 17:25:27 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

闘牌伝説クラスターエッジ #6「悪漢の資質☆フォンと教授」
最近、「中」で「西」の頭をはじいた全国の闘牌伝説クラスターエッジファンの皆様レース中の感想の変更は問題ありません。 2005-11-10 Thu 01:06:34 | CODY スピリッツ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。