スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
あぁ、道は違えども いつかまたどこかで出会うでしょう 



↑ホントは最初に話してた“ロマネスク”をうpしたかったんですけど、時間無くて消えちゃったのでその後奮闘して面白かったものをピックアップ。「ゾーンー」が「ゾナー」だったらそれはそれで面白かったね(えー)
彼女(一応自分設定は女の子なんです)は時に「!?」となる言葉やらドキっとする告白をしてくれます。うさぎにトキメく私。危ない。(黙)

あ、今日のトリビア見よう・・
どこまで呼び出せるんだろうね、ファミレスの店員。

さて ク ラ ス タ ー ですが

とにかくベスビアの最後のひとつ手前くらいの車の中の横顔が綺麗でした。(そこ?)

じゃなくて。
最初は消す目的でアゲートを追ったクロムなのに、やっぱりカールスと関わりがあるからなのか、基カールスの匂いがするのか、兄の匂いなのかは不明ですが結構アゲートを気に入ってる様子
でも今は彼をどうしたらいいのかわからないでいるみたいですね。
気持ちはわかる。
まぁともあれ、軍に売られたアゲートを助けに行き、ボロボロになってしまったアゲートを原っぱで傷の手当。
薬草を見つけるシーンで「カールスは自然の花や草が好きだった」のときに漫画のあの「綺麗だね」とか「食べるためや薬草とした生えているわけじゃないよ」とクロムに教えてあげるシーンをやってくれるのかと想ったらちょっと違って残念。
抱っこしてやってよ、兄さん

っていうかいちばん想ったのは


アゲートは

クラスターのコスプレ王だ。



だってクラスターの制服にカフェ店員ぽい服に軍服に・・・
で、フォンは女子部の制服を着るんだろ?(笑@漫画の端コマ)

行くあても無くどうしようか迷っている二人。
2人に問いたい。むしろクロムに。

クロム団忘れてるよーーーーー!!!!

あんたの弟分みたいなもんでしょ!!!
おつかい失敗した後どうなったの!!!


まぁ、そんで行く宛ならあるよとアゲートは例の如くカールスの育ったあの家に。
すると閉まっている扉。
ふたりの後ろにおばあさまのお世話係のメイドさんが。
聞けばあの世界での老人ホームっぽいところに入られました、私は月に1度家に風を通してくれと言われているけど、じきに売られてしまうだろうとのこと。

しかしアゲートの奇跡キタ(キタ━゜∀゜b━)

「おばあさまならもう来るよ」的なことを言った後、竜巻と共に舞い降りたカールスのおばあさま。アゲートもおばあさまも何事も無かったかのように話すが、クロムとメイド唖然。ふたりが正解。

でもいいなぁと想ったのは、本当のではないけどクロムがおばあさまと関わったことでひとつ、新しい家族の感覚を知れたこと。
握った手も、転寝にかけられた布団も、押す車イスも、全部
クロムの中で新しいものになっていくことがなんだか無性に嬉しかったです。

さまざまな新しい風景を見たクロムは家の庭でおばあさまに
カールスの過去の話を聞く。
嫌いになってしまったお父さんのこと、
いつまでも大好きなお母さんのこと。
辛いつらい想い出を自分の中に残さないでいたんだと知ったクロム。
そしてカールスの母の墓の前に歩みを進めると

「この墓の隣に私のお墓をつくって、自然の綺麗な花で飾って」
と、クロムにお願いをするおばあさま。
クロムはおばあさんに死ぬのか?と問う。
するとクラスターの制服に身を包んだアゲートがやってきて、涙するおばあさまの手をとると

奇跡キタ(キタ━゜∀゜b━)

庭一面、光り輝く美しい野に咲く花々。
それを見ると安堵したかのように微笑み、
「カールス、お前の笑顔に私はいつも癒されていたわ」
と、告げ着たときと同じように風が吹き、おばあさまは天に昇るかのように、光になって消えていく。

その頃、表の玄関口では、軍の人間が嗅ぎつけアゲートを探してくる。
嘘をつけないだろうメイドはあからさまに目をそらすと、案の定軍人はいることを察知し強引に部屋の中に。
しかしそこにはもう誰の姿もなかった。

ベスビアのカットに移。
どうしてもアゲートの奇跡の力を自分の物にしたいベスビア。
絶対見つけると意気込む。


(↓こっから好きです)そしてまた行くあてに迷うアゲートとクロム。
木に寄りかかり、座って、小さな花をくるくると指で回し
アゲートって変なヤツ、と呟くクロム。
その横で野原に寝そべり、そんなことないと
花を見つめ、うれしそうに笑うアゲート。


そのままエンディング。
エンディングで朝から大号泣の私。へっへっへ(怖)
今回の話はかなり好き。
大人に振り回される子ども達を見ると苦しくてなりませんが。

何で最後のアゲートとクロムのシーンが好きかというと、CPとかじゃなくて、何かこんな他愛の無い時間を過ごすことさえ、たった15歳のあの子達に叶わない中、ようやく見れた暖かい時間だったので。

何かベリルは窓の外を見つめる絵が多いですが
まだ少し風が足りないのかな。

とにかく来週はアゲートもベリルもフォンもクロムもクロム団も出てほしい。
カールスもエマ先生もベスビアも・・・あ、ロードは確実に出そうですけどね。

ベリル逃げてーー!!



そんなクラスター感想でした。
スポンサーサイト


クラスターエッジ | 11:29:12 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

クラスターエッジ 16話 闘牌伝説アカギ 17話
さ、今週も行きますよ。クラスターエッジ 第16話クラスターエッジ第16話「クロムとアゲート」の感想です。軍に売られたアゲートを助けに行くクロム。というか身も蓋 2006-01-25 Wed 22:07:14 | ミスター馬鹿侍の戯言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。